ジオン注日帰り手術/痔(肛門外科)|診療内容|天子田おぎそクリニック|名古屋市守山区

TEL : 052-773-1033[木・土午後、日・祝 休診]

ジオン注日帰り手術/痔(肛門外科)|天子田おぎそクリニック

肛門外科(ジオン注日帰り手術/痔)

痔とは一生付き合っていくものだ…と諦めていませんか?

肛門の病気は、良性から悪性まで様々なものがありますが、とくに多いのは痔です。痔は、日本人の3人に1人が悩んでいるといわれるほどポピュラーな病気です。ただ、直接命にかかわることはなさそう…というイメージと、恥ずかしさから、市販薬や民間療法で対処している方が多いのが実情です。

でも、当院で治療をされた方は、皆さん口を揃えて「こんなことなら、もっと早く来れば良かった」と言われます。

痔と思い込んでいたら別の悪性のものだった…という可能性もあります。
長年悩む方が多いいぼ痔に対して、当院では注射で行なう痔の日帰り手術も行なっています。

診察は診療時間内にいつでも受け付けていますので、お時間のあるときにご来院ください。

肛門外科 診察の流れ

「自分が「痔」の患者だと知られてしまったら、恥ずかしい」「肛門外科って、どうやって診察されるのか不安」「おしりをどんな風に見せるのか考えるだけで、通院をためらってしまう」など…こんな不安を解消するために、当院での肛門外科、診察の流れをご説明します。

1.受付

ご来院いただいた際、まずは症状について問診票にご記入いただきますので、受付で「お尻が痛くて…」「痔みたいなんですが…」とご説明いただかなくても大丈夫です。

2.問診

次に、医師の診察です。でも、いきなり「ベッドに横になってお尻を出して!」ということはありません。
まずは最初に問診を行います。診察室と待合室は声がもれないよう、壁やドアで仕切られています。また、当院ではプライバシー保護のために、中待合室がありませんので、相談内容が外に聞こえてしまう心配はありません。安心してお話ください。

3.診察

診察台の上で、左下に横向きなって寝ていただき、両膝を軽く曲げる体位(シムス体位)で診察します。服を脱ぐ範囲が最小限で済み、医師と顔を合わせずに治療が行えますので、みなさんあまり羞恥心を感じずに診察を受けられているようです。

診察は、目で見る視診と直腸肛門指診(麻酔のゼリーをつけたあと、痔に触れて状態を確認)、肛門鏡検査を行ないます。

4.ご説明

診察後に、医師から痔の種類、状態、治療法などについて、わかりやすくお話します。
ほとんどの痔の場合、排便のコントロールや生活習慣の改善と坐薬や軟膏(なんこう)で、症状は改善します。

痔の種類

痔には大きく分けて3つの種類がありますが、それぞれ症状は異なります。

痔(肛門)日帰り手術

いぼ痔(痔核)
肛門の血管が腫れてイボ状になったもの。場所によって、内痔核・外痔核があります。
切れ痔(裂肛)
肛門が硬い便で裂けたもの。症状は出血と痛み。慢性化すると手術が必要なことも。
あな痔(痔ろう)
肛門周辺に膿がたまったあとに、膿の出口と肛門をつなぐ道ができたもの。手術が必要です。

痔の治療方法

痔を治療する方法は、大きく分けて2つあります。

  • お薬と、生活習慣や食生活の改善で治療していく方法(保存療法)
  • 手術で病気を取り除く方法(手術療法)

症状が軽い場合は、基本的にはお薬と生活習慣を改善することで痔になりにくい体質にしていきます。
生活習慣の改善や、お薬を使っても治らない場合に手術を検討します。

「痔の治療=手術」と思われている方もいらっしゃいますが、手術はめったにあることではなく、実際に受ける患者さんは、全体の1割~2割程度です。

天子田おぎそクリニックでの、痔の治療方法

ひとくちに痔といても症状はさまざまです。痔と自覚していない方や、放っておいても大丈夫…と自己判断をして悪化させてしまうこともあります。
自覚症状があって悩んでいても、なかなか受診できない方もいらっしゃいます。
症状が軽いうちに来院いただければ、お薬だけで治療できたり、治療期間が短くなったりする傾向があります。痔で悩んでいる方は本当に多いので、我慢せずに「ちょっと気になるな…」と感じたら、早めに受診するようにしましょう。

まずはお薬と、生活習慣の改善で、痔になりにくい身体に!

天子田おぎそクリニックでは、痔の治療は保存的治療(お薬と生活習慣)を基本としています。
ただ、いぼ痔(痔核)、裂肛(きれ痔)で、お薬や食生活の改善でも良くならず、日常生活に支障がある状態が続く場合、最終手段として手術での治療を検討します。
ただ、手術は患者さんの負担も軽いものではありません。できる限り、日帰りででき、メスを使わないでできる手術など、患者さんにとって負担の少ない方法で治療したいと思っています。

痔の中で一番なりやすい「いぼ痔」を、切らずに注射で治します

痔の中で最も患者さんが多い「いぼ痔」の治療を、最近では、切らずに注射だけで、入院することなく日帰りで行うことができるようになりました。
ジオン(ALTA)注(内痔核硬化療法)という方法です。
当院では患者さんの負担を減らすため、ジオン(ALTA)注(内痔核硬化療法)で治療ができるいぼ痔(痔核)の患者さんの場合、手術ではなく、この注射で治す方法を積極的に取り入れています。

どうしても痔の症状が改善しない方、重度の方は手術をおすすめします。

ジオン注で治療ができない場合や、いぼ痔(痔核)、裂肛(きれ痔)の症状が重い方、痔ろうの方は手術を検討します。

ジオン(ALTA)注での痔の日帰り治療について

ジオン(ALTA)注(内痔核硬化療法)

これまで手術しか治療方法がなかった、脱出するいぼ痔(内痔核)でも治療することができます。
ジオン(ALTA)注は、痔の部分に特殊な液を注射する治療法です。特殊な注射液とは、硫酸アルミニウムカリウム、タンニン酸で、これを1回の治療で4度に分けて注射します。そうすることで、痔に流れ込む血液の量を減らし、痔を硬く・小さくして脱出しなくなるようにするのです。

痔核を切り取る手術と違って、痛みを感じない部分に注射をするので「傷口が痛む」「傷口から出血する」というようなことはありません。また、外来での日帰り治療が可能です。
ジオン(ALTA)注(内痔核硬化療法)の治療方法は?
一つの内痔核に対して4段階に分けて注射を打ちます(ジオン4段階注射法)。

痔(肛門)日帰り手術

この治療法は、ジオン注を内痔核の決まった位置に、適切な量、打たなければなりません。
内痔核がいくつもある場合には、それぞれに行います。
ジオン4段階注射療法の治療時間は10分~15分程度です。
適切な部位に適切な量を打たないと効果が出にくいだけでなく、注射部位や注射の量を間違えてしまうと副作用も起きてしまうなど、この注射療法は、きちんとした知識と熟練した技術が必要なため、内痔核治療法研究会が主催する講習に参加し、知識と技術を認められた医師のみが治療できます。

検査・手術時間

下記の通り検査・手術時間を設けております。事前に受診いただき、日時の調整を行います。

検査・手術時間
13:00~15:30

その他の痔の治療方法

結紮切除術(けっさつせつじょじゅつ)

ジオン注で治療ができない場合、結紮切除術という手術での治療となります。
結紮切除術は、従来、痔の治療の主流となってきた方法で、痔核の大きさや形、位置 などの柔軟に対応できます。
しかし、この方法は痛みを伴い、通常10日~2週間程度の入院が必要です。
また、入院が必要なため、日帰りジオン注と比べると費用が高くなります。
この手術が必要になった場合には、入院施設のある肛門の専門病院へご紹介いたします。

ゴム輪結紮術(ごむりんけっさつじゅつ)

いぼ痔に対して、日帰り手術ができる方法です。
ただし、当院ではジオンによる治療をおすすめしていますので、基本的にはゴム輪結紮法は行っておりません。

参考リンク

サイドバー付帯情報

ジオン注日帰り手術/痔(肛門外科)

天子田おぎそクリニック

医院情報詳細

住所
〒463-0037
名古屋市守山区天子田2丁目1802-1
電話番号
052-773-1033
診療科目
外科、内科、乳腺外科、肛門外科、リハビリテーション科

診療時間・休診日

診療時間
9:00~12:00
15:30~19:00

▲…13:00までの診療になります。
休診日は木曜、土曜午後、日曜・祝日です。

アクセス/マップ

詳しいアクセスはこちら

診療カレンダー

診療カレンダー

Calendar Loading

…午後休診
…休診

  • 求人募集
  • 求人募集
  • 訪問診療・往診

    訪問診療・往診